2018.09.17

勉強中、なぜか頭が痛い。どうしたら頭が痛くならずにいられるの

勉強中、「頭が痛い。」と頭を抱え込んでしまった経験はないでしょうか。勉強中の頭の痛さには、勉強を始めた途端に突然襲ってくるものもあれば、勉強を始めて、しばらく経ってから、徐々に痛みが強くなってくるものもあるかと思います。

以前は、勉強をしているときに熱を出すと、「知恵熱が出た」と言われて、からかわれたものですが、「知恵熱」は元々「乳幼児期に突然発生する熱」のことであり、今のように「頭を使った後に出る熱」として表現されることはありませんでした。

それでは、勉強中に「頭痛」が起こらないようにする方法や、「頭痛」が起こった場合の対処法は何かあるのでしょうか。

勉強中に発生する頭痛の原因

勉強中に発生する頭痛の原因としては、次のようなことが考えられます。

精神的な原因によるもの

勉強することが苦手な人が、大きな心的負担、ストレスによって緊張状態になったことによるもの

身体的な原因によるもの

勉強する姿勢が悪いことによる血行障害や、勉強場所の暗さ、視力の低下、パソコンの長時間使用等による眼精疲労、肩こりによるもの
身体的な原因によるもの

複合的な原因によるもの

精神的な原因と身体的な原因が重なり、脳に血液、酸素が行き届かなくなることによるもの

勉強中に発生する頭痛の解消法

深呼吸をする

ストレスによって緊張状態に陥らないために、できるだけ細目に深呼吸をするとよいでしょう。

また、深呼吸をする際には、座ったままで行うよりも、立って行った方が、血流がよくなることから、脳に酸素が行きわたり易くなるでしょう。

ストレッチ運動をする

勉強中に姿勢が悪い場合や、長時間の勉強によって体が凝り固まってしまったような場合には、軽いストレッチ運動を行うとよいでしょう。

目を閉じる

勉強に集中すると、目を閉じる回数が減ります。特にパソコンを使用して勉強する場合には、ドライアイにならないように、一定の時間勉強したら、少し目を休めるために閉じるとよいでしょう。

また、パソコンから発せられるブルーライトが目の健康を損なう可能性も指摘されていますので、ブルーライトを低減するメガネや専用の目薬を使用するのも効果的でしょう。

明るい場所で勉強する

勉強する場所が暗いと、目に負担がかかりますので、明るい場所に移動するか、スタンドライトを使うなどして、十分な明るさを確保しましょう。

視力を矯正する

視力が低下していることも考えられますので、一度眼科で視力を測定してもらい、必要があればメガネやコンタクトレンズによって矯正した方がよいでしょう。
視力を矯正する

仮眠を取る

精神的にも肉体的にも疲労している場合には、仮眠を取りましょう。仮眠を取っても解消しない場合には、思い切って十分な睡眠を取った方が、長い目で見た時には正解だったということもあるでしょう。

病院に行く

まずは、病院に行ってみるものよいでしょう。精神的なものが原因である場合を考えると、心療内科で相談してみられるとよいでしょう。

成績について、あまりプレッシャーをかけ過ぎない

成績が悪かったときは、本人が一番「勉強しなければいけない」と分かっているのに、さらに人から厳しく言われることで、強いプレッシャーを受けることになります。

プレッシャーの耐性には、個人差がありますので、そこを十分見極めた上で、必要以上にプレッシャーをかけ過ぎないようにしましょう。

まとめ

勉強中に頭が痛くなる原因としては、精神的な原因と身体的な原因、さらにそれらの複合的な原因が考えられること、さらに、その解消法について見てきました。

しかし、頭痛の原因が何らかの病気によるものでない場合には、最も根本的な原因は、「勉強することが苦手、嫌い」ということになりますので、究極的には「勉強することが得意、好き」になれるような方法を考えなければならないのかもしれません。

今なら50名様限定で1カ月分の指導料が無料

本キャンペーンの参加受付は

2019630日まで
※体験レッスン申込で適用可能
お問い合わせはこちら
無料体験レッスンに申し込む
資料請求・お見積もりをする
※電話営業時間 12:00~21:00(日曜定休)
※インターネットなら24時間受付中(ページ下部)